クリニックを知ってもらう

女性

イベント開催で地域交流

歯科医院が街頭や駅構内などに看板を出す場合、記載できる項目は名称や所在地、診療科目など法令によって限定されています。そのため、たとえば治療に際してのモットーなどをアピールするチャンスは極めて限られています。そんな中、自院の特色を地域の人々に広く知ってもらえる格好の機会となっているのが、内覧会です。内覧会は、院内を一般開放して診療環境を見学してもらったり、歯科医師と意見交換を行うことで人柄や診療に対するポリシーなどを知ってもらったりするためのイベントです。新規開業時に開催するのが一般的ですが、リニューアル時・院長の交代時・新しい治療機器の導入時などに適宜行うと、認知度の向上による集患効果が期待できます。また、内覧会にはちょっとしたアトラクションを取り入れるとさらに効果的だと言われています。歯の健康に関する相談会や虫歯予防に関するアドバイス、歯磨き指導などを実施することで、歯科医院に対する親近感と信頼感を醸成することができます。さらに、小児歯科を標榜する医院にあっては、キャラクターとの記念撮影会や、ちょっとしたお土産の配布などが子供たちの関心を惹きつけるのに役立ちます。内覧会には告知用チラシの作成や配布、院内の飾りつけ、お土産品の手配などさまざまな準備が必要になります。また、当日は道案内や来客対応のための臨時スタッフも必要とします。こうしたことから、開催に当たっては内覧会を専門に手がけているコンサルティング業者に一任するのが便利です。

オススメ記事

近所へのご紹介

診察券

新に歯科医院を開業する時、ウェブサイトやチラシを用意する方も多いですが、より多くの集客を得るためには内覧会を開催することが有効です。内覧会では患者さんと直接話す機会や、次回アポイントの取り付けなどもあります。

詳しく見る

集患効果を高めるイベント

治療

歯科医院を新規にオープンする際は、存在をいち早く地域の人々に知ってもらうことが経営上とても重要です。そのための周知イベントとして最適なのが、内覧会です。院内を一般開放して多くの人に訪れてもらい、認知を高めることができます。

詳しく見る

開催することで

模型

歯科クリニックは、内覧会を開催することでとても大きなメリットがあります。専門的なサービスがあるということから、利用することで多くの集客効果を期待することが可能です。挨拶周りやチラシの作成まで行ってくれます。

詳しく見る

講演会を活用する

治療台

自分の歯科クリニックを立ち上げるためには、協力会社や人が必要です。支援をしてくれる会社の講習会に参加したり、内覧会を活用したりしましょう。そうすることで開業に必要な機器などを知ることができ、準備がスムーズに進みます。

詳しく見る